溶接時の動作と機能。

HOME > 溶接機-オリオン | 動作と機能

使いやすいハンドピース

使いやすいハンドピース。

溶接を変える、考えられたハンドピース。

長時間使用しても疲れなく、使いやすさを考慮したハンドピース。先端部にタングステンチップを取り付けて使用します。スパークするには、先端が溶接物に触れると自動でスパークする、オートモード。フットスイッチでスパークするフットスイッチ制御モード。2種類から選べます。
溶接する際に、先端ノズルよりアルゴンガスが噴射します。スパーク時は、先端のタングステンチップは、上下にスライドします。いろいろの技術を凝縮したハンドピースです。

Orion溶接機の動作と溶接

溶接動作が他社では出来ない簡単で精密な溶接を可能にしています。

溶接モードの映像

溶接モードの映像

オリオン専用ハンドピースと溶接の特徴。

アーク用ハンドピースは、操作性を考慮した設計で作られています。オートモードでは、ペン先の電極が、軽くワークに触れることにより、自動的にアルゴンガスを噴射し、溶接します。溶接の直前には、ビープ音(電子音)がなり、溶接され事をお知らせします。ビープ音が鳴る前もしくは、鳴っている最中、ワークから針を外せば、溶接を中止することができます。溶接時には、針が引き込み、ワークと電極が付かない様に設計されています。ハンドピース先端の電極針も、2種類のサイズが用意されています。電極直径0.5mmと1.0mmがあり電極の直径が太ければ、大きな電流が流れる為、パワーは強くなります。直径が小さければ、電流が流れづらく弱い溶接になります。銀などパワーを必要とする金属は、1.0㎜の電極を使うことをお勧めします。

下記は、一発の溶接で行われるハンドピースとシャッター、ガスの動作を図で説明しています。
考えられた構造と動作

シャッター&LEDライト付マイクロスコープ

溶接時の連動シャッターと、LEDライトが標準装備。

シャッター付の顕微鏡が繊細な溶接を化膿します。

Orion溶接機の使いやすさが、大幅にUPします。

標準セットには、マイクロスコープが標準装備。遮光シャッターとLEDライト付。マイクロスコープには、溶接機と連動して開閉する全自動シャッター、手元を明るく、照らす調光機能付きLEDライトが標準装備。ハンドピースホルダーなど、Orion溶接機を使 いやすく、作業効率をUPさせる為の工夫が至るところにされています。

フットスイッチでの操作も可能。

手元での操作とフットでの操作。

アークモードでの溶接操作は、溶接物にハンドピースの先端部が触れてから自動で溶接をスタートさせるオートモードが一般でした。新たに、フットスイッチモードを搭載し、フットスイッチで溶接のスタート操作をを可能にしました。溶接する際に、オートモードか、フットスイッチモードが選択が可能です。

精密溶接機 オリオン溶接機精密溶接機 オリオン溶接機

精密パルスアーク溶接機
世界で認められたマルチマシーン。

精密溶接機

Orion溶接機とはOrion溶接機とは
溶接の特徴溶接の特徴
動作と操作の特徴動作と操作の特徴
機種モデル機種モデル
オプションオプション
よくある質問よくある質問
PDFカタログPDFカタログ
映像サンプル映像サンプル
お問合せお問合せ
会社概要会社概要


溶接機 | MP30溶接機 | MP30

溶接機 | 100C溶接機 | 100C

溶接機 | 150S溶接機 | 150S

溶接機 | 150i溶接機 | 150i

溶接機 | 200i溶接機 | 200i

溶接機 | EVS溶接機 | EVS
  

  
レーザー溶接機レーザー溶接機


シーフォース株式会社